血流のおはなし

「血」の流れが悪くなることを中医学では

「瘀血」(おけつ)って言う言葉で表現します。


瘀血体質が見受けられるなら早いうちに

血流を良くする方向にシフトしていくのがベスト。


瘀血って、いわゆる血流が悪いということなんですが、


流れが悪いと、一箇所に滞りができて、

かたまりができていくイメージ。


この「かたまりができやすい状態」を放っておくと


例えば子宮筋腫とか子宮ポリープとか

卵管癒着など婦人科系のトラブルを招いたり、


痛みの原因になることもあります。


強い月経痛や神経痛、関節痛、頭痛や肩こりなどの痛みは、

瘀血によって引き起こされやすい。


中医学では、がんも瘀血を考えることが少なくないです。


流れが悪いから一点で増殖したり、沈着したりする、と考えるんですね。


沈着でいうと、

くすみ・しみ・そばかすができやすくなるのも

お肌の血流が悪い(=瘀血)と考えます。


もちろん瘀血があると必ずこうなる、ということはないのですが

バランスが崩れたままでいると、

いろいろなトラブルを招きやすいのも確か。


特に現代女性は瘀血になりやすい生活習慣をしていると言われます。


例えば座りっぱなしの仕事。


からだを動かす機会が減ることで血流は悪くなってしまいます。


加えてストレスや過労によっても瘀血は進んでしまいます。


なので、血流をよくする習慣を

ひとつでも生活に落とし込んでおくのがポイントです。



♦︎まずは血流チェックをしてみましょう


血流が悪くなった(=瘀血)ときに、

どういう特徴が出やすいのかを知っておくと

自分のからだの血流の状態ををチェックできるようになります。


☑︎肌のくすみ、しみ、そばかすができやすい

☑︎日焼けや傷痕が消えにくい

☑︎慢性的な頭痛や肩こりがある

☑︎目の下にクマができやすい

☑︎生理痛がひどい

☑︎生理前にお腹が張って、ウエストがきつくなる

☑︎生理開始とともに痛みが出はじめ、出血量が多いと痛みが強くなる

☑︎経血の色が赤黒くくすんでいる

☑︎経血にレバー状の塊が出る

☑︎手足が冷えやすい

☑︎便秘しやすい

・・・

ざっと、こんな感じでしょうか。


女性だったら月経の状態で

からだのいろいろなことがわかります。


血流が悪い状態だと、経血の色が暗くなったりレバー状の塊が出たり、

月経痛がひどくなったりといったサインが出やすいです。


月経の痛みが強かったり、レバー状の塊が気になる場合は

婦人科受診することも大事。


そして、日常生活では血流を悪くしないように

工夫していくことが大切です。


からだの体質は総合的に判断していきますが、

上のチェックに当てはまりやすい方は

血流が悪くなっている可能性が高いです。


全身的に血流が悪くなっている場合もあれば、

部分的に血流が悪くなっている場合もあります。


症状の出方は本当に人それぞれ。


どちらにしても、

流れにくいものは、流してあげるのが一番です。


次回は、血流をよくする方法について書いていきますね。

メールレターをお送りしています。

著書を出版しました。

こまさんちの薬膳教室

こころとからだと、 季節はひとつ。 こまさんちの 読むだけでわかる薬膳レッスン