春から梅雨に向けて

GWがあけて1週間ほどになりますね。

今年は子ども日(5月5日)が立夏で、もう暦の上では夏の始まりを合図しています。


まだ気温差はあれど汗ばむ日も増えて

体もどんどん夏仕様になっていくのを感じる今日この頃。


そして日本の夏は、梅雨を経てやってきます。

もうすでに沖縄は梅雨入りし、梅雨前線は少しずつ北上していきます。


梅雨時期、食欲不振や下痢、吐き気などの消化器関連の不調が出やすい時期となります。

自然界に起こることは体の中でも起こる、と考える中医学ですから、

雨の多い時期は、「体の中も水っぽくなりやすい」と考えます。


「水」は体にとって必要なものです。


ただ、それは

体の中の水分がうまく排泄されて、必要量がうまく巡っている、ということが前提。


必要以上に余分な水が体にとどまってしまうと、それは「湿」となり

「湿」によって消化器系の不快感などが出やすくなってしまうのです。


余分な水がお腹にとどまると食欲は出ないし、

体の下部にたまってむくんでしまったり。


体としては、頑張ってそれらを外に出そうとするのですが、

「湿」によってバランスが崩れると排泄機能が弱り、上手に体の外に出せなくなる。


そうして、下痢や吐き気・嘔吐のような形で出てしまったりするのです。

今はまだ湿度・気温ともにちょうどよく、気持ちのいい季節である地域が多いと思いますが、

私が暮らす関西でも、もうあとひと月もすると梅雨入りするかと。


この1ヶ月、熱中症には気をつけながら、水分の取りすぎには気をつけること。

そして、消化吸収に関わる「脾」をしっかり養っておくこと。

「脾」は冷たいものが苦手なので、冷たい飲食には注意が必要ですね。


また、ここから春の薬膳と養生の復習になりますが、

春は五臓の中の「肝」が不調になりやすいとお伝えしてきました。


春は、ストレスやイライラなどが問題になりやすかったのですが、

実はこの「肝」の不調が、「脾」の不調を引き越してしまう、という特徴もあります。

(これは五行の関係から導き出されるメソッドでもあります)


春にストレス、イライラや感情の乱れなど「肝」の不調をそのままにしていると

梅雨時期に胃腸症状が出やすくなる。


食欲不振などの「脾」の不調を持ち越してしまうと、

夏にしっかり栄養が補給できず夏バテを起こしてしまう。


夏にぐったりしていて、しっかり「陽」を補えないと、

「陽」って温める力のことでもありますから、

これが不足すると当然、寒くなってから辛くなる・・・


こうやって、次々に波及して気になる症状が数珠つなぎのように出てきてしまう、

ということにもなりかねないんです。


365日ごきげんでいたいのに、前の季節の影響を引きずってしまうことで

なんだかどんどん調子が悪くなるような・・・


なんていうと、なんとも恐ろしいような気がしますが、

こうやって先を見通すことで、今、自分が何をするべきかがわかってくるはず。

それが薬膳や養生のいいところだと思います^^


ちょっと先読みして、自分の機嫌をとる!

その知恵を上手に使っていきたいですよね。


梅雨に向けて今からできること。

お腹の調子を整えておく。冷たいものは避ける。

胃腸が疲れている時は消化に良いものを口にする。

そして、「肝」をのびのびとさせておく。

なにをしているときに自分はリフレッシュできるのか、その方法を知っておく。

「肝」のケアといえば、香りの効果で気の巡りをよくすることもひとつ。

香りのいい柑橘類や香味野菜を使って一品作ってみる。

好きな香りがあれば、匂い袋やお香などでリラックスする時間をつくる。

入浴剤などで、お風呂タイムに香りをプラスしてみる。

・・・


これは人によって本当にさまざまですね。

「心地よさ」のポイントはみーんな違いますから。


春から梅雨。

季節の変わり目もスムーズにごきげんに、過ごしていけますように^^



■4月開講の薬膳講座は現在キャンセル待ちとなっております。


↓カルチャースクールのウェブサイトはこちら


■テキストは『ごきげん美人さん−こまさんと始める薬膳レッスン』


■メールレターにて、季節の薬膳と養生レッスンをお届けしています。

■お知らせや講座のご案内などはLINE@でもお送りしています。

こまさんちの薬膳教室

こころとからだと、 季節はひとつ。 こまさんちの 読むだけでわかる薬膳レッスン