太陽とともに生きる。

薬膳学の概念として大事なものに

”三因制宜”(さんいんせいぎ)

という言葉があります。


これは、薬膳をするときに、

3つのポイント(三因)を常に配慮して考えよう!

ということ。


ひとつ目のポイント

それは…”時”


時間や季節に合わせて考えるということです。


例えば1日の中でも、

朝の体と夜の体は違う。

朝、睡眠から目を覚まして初めて食事を頂くのであれば、

それは軽い断食状態を経て

初めて口にする食事になります。

だから朝は、消化のいい

温かくてやわらかいものがいいと言われます。


お昼はお昼で

一番活動してる時間なのでしっかりめに食べる、とか。

一日の中でも、気をつけることが違ってきます。


それから、季節。

日本には四季があって、

春夏秋冬、それぞれの影響を体は受けます。


冬であれば、寒さに備えられるもの食べるし

夏なら暑気あたりにならないように気をつける。

夏と冬では日の長さが違うので、

夏は多少遅寝・早起きしても

冬は早寝・遅起きで…と

季節によっても養生法は違ってきます。


また、その季節によってダメージを受けやすい”臓”があるので

その時々で、弱ってしまいがちな”臓”に効かせる食材を選ぶ。


これは難しそうに聞こえるけれど、

とにかく”旬のものをいただくこと”に尽きます。

そのときに旬を迎える食材は、

気候の影響で崩れやすいからだのバランスを

整えてくれるものがすごく多い。


まさに、自然界からの贈り物、なんですよね。


太陽とともに生き季節を感じて過ごす。


三因制宜のポイント

ひとつ目は”時”でした。

著書を出版しました。

こまさんちの薬膳教室

こころとからだと、 季節はひとつ。 こまさんちの 読むだけでわかる薬膳レッスン