薬膳講座 DAY2 -秋冬レッスン2018-

10月の薬膳講座が終了しました。

10月のテーマは「女性のバイオリズムと薬膳」


薬膳を始めてから

いろんな方からご相談を受けるようになりましたが、

病院に行くほどではないけれど、もう少し元気に過ごせたら…と

願う女性のお悩みのほとんどが

・ストレス(気滞)由来の悩み

・月経前後での不調

・更年期での体と心との向き合い方

このどれかに当てはまることがとても多いのです。


不調が出ている部分はさまざまでも、

お話を伺っていくうちに、悩みの根っこがこういった

女性のバイオリズムや年齢ごとの変化に関わることがとても多いということ。


だからこそ、女性のバイオリズムや

年齢を重ねていくそれぞれのステージで


どういう風にバランスが崩れやすいのか

体からのSOSサインはどういう風に現れるのか


そういったことを知っておくと

今後不調を感じた時になにかの道しるべになってくれるのではないかな、と

感じています。


・女性の毎日を左右する気血のバランスと月経の特徴

・加齢に大きく関わる「腎」のケア

・年齢軸で考える食と暮らしのポイント

・女性28歳、男性なら32歳くらいから補法を意識する

・更年期の不調はタイプに合わせてケアを変える

・年齢を重ねると陰(うるおい)の不足による不調が起こりやすい

・体を温める力と冷やす力のバランスが取れていること

・「陰」は陰の時間に養う!陰の世界を自分でつくって守る工夫。

・更年期の予防に良い漢方の考え方から学ぶ薬膳

・女性のライフイベント(妊娠・出産)の経験によって変わる養生

・・・・・などなど


こういったことを知っているかどうかで、

日々の暮らしの捉え方が少しずつ変わってくるのではないかなぁと思うのです。


女性の体の状態は28歳のときに最高潮になるといわれ、

そこからゆるやかなカーブを描いて衰退していくと考えます。


これはとても自然なことで、

むしろずっと右肩上がりに行くなんて方がとても不自然。


その、カーブを頭に思い描きながら、

ピークから少しずつ低下していくその”差”の分だけ

日々の生活で補えることや工夫できることを考えてみる。


自分の体を知ることと、自分自身のおつきあいに関しては

きっと右肩上がりに上手になっていくと思います。

そのヒントが、薬膳や養生の知恵の中に

たくさん散りばめられています。


女性の一生をトータルで捉えて、役立てて、

毎日の暮らしが健やかになりますように。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました^^


さて、来月のレッスンでは

冬の薬膳と養生、タイプ別の冷えへの対応と

今回の内容も合わせて「ウィズエイジング」の総まとめをして、

中医学的トータルビューティーを完結できれば、と思っています^^


来月ご参加いただくみなさま、

またお会いできますのを楽しみにしております。


▶︎11月のレッスンはキャンセル待ちとなっております。


▶︎テキストはこちら


▶︎季節の薬膳と養生メールレターご登録はこちらから

▶︎最新のお知らせなどはLINE@でもお届けしています。

LINE@はこちらから→https://line.me/R/ti/p/%40opv9783y

※IDから検索していただくことも可能です→@opv9783y(@マークも忘れずに!)


▶︎デザイン・プロデュースしているアイテムたちははこちらからご覧いただけます。

こまさんちの薬膳教室

こころとからだと、 季節はひとつ。 こまさんちの 読むだけでわかる薬膳レッスン