自分にとっての”心地よさ”を探す旅

人のからだは本当に


10人いれば10通り、

100人いれば100通り。



みんな違う。全然違う。



例えば

一般的にからだを温めるとされている生姜だけど、


「生姜を食べると冷えるんです」


っていう人がいても全然驚かない。


(生姜は発汗作用があるので、汗をかいてその後少し冷える感じがある、

という感覚も当然ありそうだし、

そうでなくても人って感じ方が本当にそれぞれだから)

 


自分の感覚が大切。


人生って、


自分にとって、

「どういうものを食べて過ごしたら心地がいいのか」


ということを探す旅でもあるなぁと思います。



”心地よさ”の基準は、


「今日やろうと思ってたことがどんどんできるな」っていう体の軽さとか


「昨日イヤだと思ったことが、今日は気にならない!」っていう前向きな気持ちとか。


そういうものをもたらしてくれるもの。



こころとからだはつながっているので

薬膳はそこにたくさんヒントを与えてくれるけど、


大事なことは、


薬膳の中に正解があるわけではない、ということ。


答えは自分の中にしかないから、


毎日、自分に問いかけることが大事なんですね。






著書を出版しました。

こまさんちの薬膳教室

こころとからだと、 季節はひとつ。 こまさんちの 読むだけでわかる薬膳レッスン